デザインアンテナのメリット・デメリットまとめ!八木式アンテナとの比較も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから新しくアンテナを設置する方、古いアンテナから交換したいという方で、デザインアンテナを検討しているという方も多いでしょう。

この記事では、工事前に知っておきたいデザインアンテナのメリットとデメリットをまとめました。

アンテナ工事を検討している方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

デザインアンテナ以外の種類など、基本的なことを知りたい方はこちらの記事もご覧ください!
『5分でわかる!地デジアンテナの種類・費用相場・おすすめ業者まとめ』

デザインアンテナの3つのメリット

まずは、デザインアンテナにどのようなメリットがあるかを確認していきましょう。

スタイリッシュな見た目で家の美観を損ねない

デザインアンテナの一番のメリットといえばこれでしょう。

従来の八木式アンテナ(魚の骨のような形のアンテナ)は特徴的な見た目で、屋根にどーんと設置するので遠くからでもアンテナが建っているのがわかります。

しかし、デザインアンテナはスタイリッシュな長方形(一部例外もあります)をしているので、家の美観を損ねないのです。

もちろん近くで見ればわかりますが、遠目からや設置場所の反対側からはどこにアンテナがあるかわかりません。

新築に設置する方の多くがデザインアンテナを希望するのも頷けます。

台風や積雪などによる倒壊が少ない

もう一つ大きなメリットとしては、台風などの強風や積雪などによる倒壊被害が少ないという点が挙げられます。

デザインアンテナは八木式アンテナよりも小さく、屋根ではなく壁面に設置するので、風の影響を受けにくいです。

先日の台風21号の影響で、設置していた八木式アンテナが倒壊してしまったという家庭も少なくありません。

アンテナの倒壊は屋根が傷付くだけでなく、最悪の場合人に当たって大怪我をさせてしまうこともあります。

今後このような災害が起こる可能性もあるので、倒壊のリスクが少ないのは嬉しいですね。

鳥の糞や錆びなどによる劣化がしにくい

八木式アンテナはその形状と屋根に設置するという特徴から、鳥がとまりやすく、屋根が鳥の糞で汚れやすいというデメリットがあります。

大切な家の屋根ですから、新築ならなおのこと汚したくないですよね。

デザインアンテナであればその心配がないので、家をきれいに保つことができます。

また、八木式アンテナで心配される錆びのリスクもないので、劣化のしにくいアンテナと言えます。

デザインアンテナの2つのデメリット

続いて、デメリットも見ていきましょう。

八木式アンテナと比べて価格が高め

デザインアンテナは比較的新しいタイプのアンテナでメリットも多いので、どうしても価格は高くなります。

アンテナ工事業者に設置してもらう場合の本体価格相場は、八木式アンテナが15,000円~程度なのに対して、デザインアンテナは20,000円~程度。

もちろん依頼する業者やデザインアンテナのメーカーによっても価格は変わりますが、八木式アンテナよりも高いという点はどこも共通しています。

メリットと予算を天秤にかけて、納得がいった場合に依頼するようにしましょう。

設置場所によってはブースターが必須

もちろんお住まいの地域の電波強度にもよりますが、デザインアンテナは多くの場合ブースター(電波を増幅させる機器)の設置が必要になります。

地デジアンテナは、設置する位置が高ければ高いほど受信感度が良くなります。

八木式アンテナは屋根の上に設置しますが、デザインアンテナは壁面に設置することが多いので、その分少しだけ電波をキャッチしにくくなってしまうのです。

100%ブースターが必要というわけではないので、きちんと電波調査をしてもらうようにしましょう。

八木式アンテナと比較してどっちがおすすめ?

八木式アンテナとデザインアンテナではどちらがおすすめなのか、気になる方もいるでしょう。

結論から言うと、人によります。

その人がアンテナに求める要素によって、どちらがおすすめかは変わってきます。

デザインアンテナがおすすめな人と八木式アンテナがおすすめな人をざっくり分けてみました。

◆デザインアンテナがおすすめな人

・家の美観を保ちたい人
・倒壊のリスクを極力避けたい人

◆八木式アンテナがおすすめな人

・低コストでアンテナを設置したい人
・家の美観よりも電波の受信しやすさを重視したい人

希望が叶わないこともある

「絶対にデザインアンテナがいい!」「絶対に八木式アンテナがいい!」と思っても、家の周辺の電波強度や屋根の形状によっては希望のアンテナが設置できないこともあります。

例えば、家の周辺に電波が届きにくい場合には、壁面へのデザインアンテナ設置ができないこともありますし、屋根の形状が片流れなどで八木式アンテナの設置が難しいというケースもあります。

実際にどのような施工になるかは業者に相談しないことにはわかりませんが、希望通りの仕上がりにならない可能性もあるということを把握しておきましょう。

デザインアンテナ設置でおすすめの業者

最後におすすめの業者の紹介もしておきますね。

デザインアンテナを取り扱っているたくさんのアンテナ工事業者と比較した結果、一番おすすめなのは『みずほアンテナ』です。

みずほアンテナは月間1,000件近くの実績があり、信頼のおける業者です。

明朗会計を徹底し、完全無料見積もりを実施しているので、「工事はできなかったのに出張費だけ取られた!」ということもありません。

保証期間も8年間と業界でもかなり長いですし、利用者の目線に立ったサービスはかなり好印象ですね。

私も実際にわからないことを電話で問い合わせてみましたが、親切な対応が印象的でした。

専門的な話でもわかりやすい言葉で話してくれるので、アンテナの知識がほとんどない方でも安心して話を聞くことができます。

業者への依頼に不安があるという方も、まずは一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

\ みずほアンテナのサイトはこちら /

まとめ

以上、デザインアンテナのメリットとデメリットのまとめでした。

この記事を読んで「デザインアンテナにしよう!」と思った方もいれば、「やっぱり八木式アンテナの方がいいかな……」と思った方もいるでしょう。

ただ一つ注意してほしいのが、お住まいの地域の電波強度や周りの建物の高さなどによっては、デザインアンテナを設置できないこともあるということです。

きちんとした業者であればベストな施工例を提示してくれるので、希望があればしっかりと伝えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*