5分でわかる!地デジアンテナの種類・費用相場・おすすめ業者まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地デジアンテナと一口に言っても種類は様々ですし、工事を依頼する業者によって対応や費用も全然違います。

アンテナを設置したいけどどうすればいいのかよくわからないという方もいるでしょう。

この記事では、アンテナ工事をする際に役立つ情報をまとめていきます。

地デジアンテナの種類とメリット・デメリット!費用相場は?

ではまず、地デジアンテナにはどのような種類があるのか簡単に見ていきましょう。

それぞれの特徴や価格相場、メリット・デメリットを紹介していきます。

※価格相場というのはあくまで本体価格で、実際に業者に設置を依頼する際の費用とは異なります。

八木式アンテナ

昔からおなじみの魚の骨のような形をしたアンテナで、屋根の上に設置するので電波を受信しやすいのが強みです。

アンテナの中でもかなり安価なのも大きなメリットですが、屋根の上にどーんと設置するため家の外観を損ねてしまいます。

また、鳥がとまりやすいので糞などで屋根が汚れるおそれがあったり、落雷や強風に弱いというデメリットもあります。

価格相場

3,000円~10,000円

メリット

・屋根の上に設置するので電波を受信しやすい
・安価で設置できる

デメリット

・倒壊の危険がある
・鳥の糞や錆びなどによる劣化リスクがある
・屋根の上に設置するので家の外観を損ねる

デザインアンテナ

現在主流になっているのがこのデザインアンテナというものです。

主に平たい長方形をしており、フラットアンテナとも呼ばれます。

従来の八木式アンテナと違って壁に設置できるので家の外観を損ねることもなく、倒壊や劣化の危険性も低いのがメリットです。

ただし、屋根に設置しないことにより電波の受信感度も弱くなりがちなので、ブースター(電波を増幅させる機器)が必要になるケースが多いです。

価格相場

6,000円~10,000円

メリット

・家の外観を損ねない
・八木式アンテナが設置できない形状の家にも設置できる
・倒壊や劣化の危険性が低い

デメリット

・八木式アンテナに比べ高価
・屋根ではなく壁に設置することで受信強度が弱くなる可能性がある

室内アンテナ

八木式アンテナやデザインアンテナと違い、室内に設置するタイプのアンテナです。

大掛かりな工事が不要で、安いもので1,000円程度で購入できるので一番手が出やすいアンテナと言えます。

ただし、屋外アンテナに比べて受信感度が弱く、建物の建材の種類などによってはほとんどテレビが映らないケースもあります。

屋外アンテナを設置するまでのつなぎとして利用するならいいかもしれませんが、本格的に地デジが見たい場合にはあまりおすすめできません。

価格相場

1,500円~4,000円

メリット

・大がかりな工事なしで設置できる
・家の外観を損ねない
・安価で購入できる

デメリット

・屋外設置のアンテナに比べて受信強度が弱い
・住宅の建材などによっては映らないこともある

ブースターや分配器って何?絶対に必要?

アンテナについて調べていると、「ブースター」や「分配器」などの機器の名前もよく目にしますね。

これらの+αの機器は設置すると別途料金が発生するので、自分の家にも付けなければいけないのか気になるという方も多いでしょう。

結論から言うと、必ずしも必要なわけではありません。

ただし、状況によって必要になることもあるので、どういう場合に必要になるかを簡単に説明しておきます。

ブースターが必要な場合

・アンテナからテレビまでの距離がある
・発信基地の電波が弱い
・アンテナが低い位置に設置されている

ブースターは、電波を増幅させるための機器です。

アンテナからテレビまでの距離があったり、住んでいる地域の電波が弱かったり、テレビにうまく電波が届かない場合に必要になります。

分配器が必要な場合

・家にテレビを複数台設置したい時

分配器は、アンテナが受信した電波を均等に振り分ける役目をします。

一つのアンテナで複数のテレビを映るようにするために必要になる機器ですね。

地デジアンテナは自分で設置していい?自作(DIY)で作れる?

「地デジアンテナ 自作」「地デジアンテナ DIY」などで検索すると、アンテナの費用を安く抑えるために様々な方法を紹介しているページが見つかりますよね。

もちろん業者に頼むより自分で作った方が費用は安く済みます。

しかし……

結論から言うと、やめた方がいいです。

自作したアンテナは強度も精度も業者が取り扱っている製品とは比べ物になりません。

せっかく作ってもすぐに壊れてしまえば元も子もないですし、また作って設置し直すのも面倒ですよね。

コストを抑えたい気持ちはわかりますが、素直にプロに依頼しましょう。

地デジアンテナを自分で設置するのも危険!

購入した地デジアンテナを自分で設置するのもおすすめしません。

素人が設置すると強風などによる倒壊の危険が非常に高くなります。

特に八木式アンテナはマストなども含めるとかなりの大きさがありますよね。

それが屋根の高さから落ちたら?

下に人がいたら?

考えるだけで恐ろしいです。

それだけでなく、専門的な知識もなく設置すると、十分な電波強度を確保できない可能性が大いにあります。

せっかく頑張って取り付けたのに映りが悪いなんて嫌ですよね。

DIYでアンテナを設置することを推奨している方は「○万円浮いた!」などとよく言っていますが、設置のための知識を得る時間や実際に取り付ける手間を考えると、結局プロにお願いした方が安心・安全・確実なんですよね。

目先の出費額にばかり気を取られず、しっかりとプロに調査・設置をしてもらいましょう。

必ず押さえておきたい!失敗しない業者の選び方

では、アンテナ工事を依頼する際にはどのような業者を選ぶべきなのでしょうか?

業者選びで失敗しないためのポイントを紹介していきます。

頼むならアンテナ工事専門業者がおすすめ

アンテナ工事業者には、ざっくり分けて二種類あります。

・アンテナ工事を専門に行っている業者
・アンテナ以外にもエアコンなどの工事を行っている業者

もちろん専門業者でなくてもきちんとした技術と知識があるスタッフがいるならいいのですが、中にはまともな知識もないスタッフがなんとなくで設置してしまうという最悪のケースも耳にします。

詳しく説明しなくてもなんとなくイメージはつくかと思いますが、アンテナ工事に関してちゃんとした実績があるのは専門業者の方であることが多いです。

きちんとしたアンテナ工事の実績があれば公式サイトでもアピールしているはずなので、実績があるのかどうかは必ずチェックしておきましょう。

施工ブログなどを見るとスタッフの人柄もわかりますよ。

災害による倒壊は保証の対象外かも!

アンテナ工事業者のサイトを見ると、「○年保証!」と書いてあることがほとんどですよね。

しかし、工事ミスが原因の倒壊は保証の対象になっても強風や積雪などによる倒壊は保証の対象外となるケースもあります。

相手が悪質な業者であれば、明らかに工事ミスによる倒壊でも災害によるものと判断されて保証がきかず補修にお金を取られた!なんてことになる可能性もあります。

アンテナ工事を依頼する際は、どこまで保証の対象になるのかをしっかりと確認しておきましょう。

おすすめはみずほアンテナ

様々なアンテナ業者の評判を調査しましたが、一番おすすめなのはみずほアンテナという業者です。

おすすめポイント

・明朗会計を徹底している
・見積もり完全無料
・8年保証つき
・即日工事が可能な場合もある

みずほアンテナは明朗会計を徹底しています。

着工前にしっかりと料金を提示して、利用者が納得してから工事に取り掛かるので、工事後にいきなり料金が追加されることはありません。

見積もりは完全無料なので、もし工事ができなかった場合にも出張費はかかりません。

丁寧な対応も評判が良く、安心して工事を依頼できる業者です。

私もわからないことを質問するために実際に問い合わせてみたのですが、親切な対応が印象的でした。

どの業者に頼めばいいかわからないという方は、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

騙されるな!悪徳業者に要注意

アンテナ工事業者はたくさんありますが、中には利益優先の悪質な業者も存在します。

悪徳業者に引っかからないために、危険なケースを知っておきましょう。

事前に見積もりを出してくれない

事前に見積もりを出してくれない業者には注意した方がいいです。

いきなり工事に来てその場で高額な見積もりを出され、断ると出張費として別途料金を取られてしまうということがあります。

工事もしないのにお金を取られるなんてちょっと納得いきませんよね。

出張費無料のところに依頼すればその心配がありません。

完全無料見積もり!出張費0円!
親切な対応が評判!人気のアンテナ業者はこちら

聞いてた請求額と違う!

知らないうちに施工内容が増えて、最初に知らされた見積もり額よりも高い工事費を請求されてしまうというケースです。

依頼者の許可なく勝手に施工内容を増やすなんて、本来あってはならないことです。

着工前に、事前に出された見積もり額から勝手に増えることがないかを必ず確認するようにしましょう。

不要な機器をつけられる

中には、本来不要なはずの機器を買わせようとしてくる業者もいます。

住んでいる地域の電波強度やアンテナの位置によってはブースターが必要ないこともありますし、テレビが一台しかない家庭であれば分配器は不要です。

相手が素人なのをいいことに、なんやかんや理由を付けて余分にお金を取ろうとしてくる業者には注意してください。

口コミサイトの評判は鵜呑みにしないで!

「○○(業者の名前) 評判」などのワードで検索すると、口コミをまとめたサイトが見つかると思います。

一見評判を調べるのに便利なサイトのように感じますが、そこに投稿された口コミを鵜呑みにするのは危険です。

残念ながら、匿名で投稿される口コミの信憑性はあまりないのです。

サクラという言葉は聞いたことがありますよね。

口コミサイトには良い評判から悪い評判まで様々なものが投稿されていますが、それが業者によるサクラである可能性も捨てきれません。

「サクラ」と聞くと自社を褒める自作自演の口コミを想像しますが、ライバル会社がわざと競合他社の評判を下げるために悪い口コミを投稿している可能性もあるのです。

とはいえ、残念ながら真実は私たちにはわかりません。

信頼できるかどうかというのも、結局は読む側の判断になります。

以上のことから、口コミサイトの評判は鵜呑みにしない方が賢いでしょう。

まとめ

アンテナの種類や依頼する業者によって、かかる費用は大きく変わってきます。

アンテナ工事は決して安い買い物ではありません。

自分の家に一番適したアンテナや設置場所は、やはりプロに判断してもらうのが一番です。

下手に安上がりにしようとせず、自分が一番納得できる形で設置してもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*